【YouTuber】はじめしゃちょー 、UUUM退所ラッシュを語る






1: 名無しのがるび 2020/06/29(月) 14:43:53.68
ソース

https://article.yahoo.co.jp/detail/e23ba040b9a989c8ca9af31f3d9131cc60fa13ec


YouTuberのはじめしゃちょーが6月27日、自身も所属するYouTuber事務所・UUUM(ウーム)を退所するクリエイターが相次いでいることに動画で言及した。
同社は「ヒカキン」「フィッシャーズ」「東海オンエア」といった名立たる人気YouTuberらが多数所属している大手事務所。ところが、2月に木下ゆうかさんが退所を発表して以降、退所するクリエイターが相次いでおり、6月にもエミリンさんら4組が退所を発表していた。
日本一のチャンネル登録者数を持つはじめしゃちょーは「僕あんまり他のYouTuber興味ないんで、ぶっちゃけ言うとどうでもいいんですけど」と話し、手元のスマホで辞めたクリエイターを調べ始める。実際に誰が辞めたのかも知らなかったようだ。その上で

「特に何も思わんですね、僕は」

とコメントし、事務所に入っているメリットを感じる、感じないは人ぞれぞれとした。

同社のクリエイターは広告収入の20%を事務所に入れる代わりに、事務所側がクリエイターに対して広告案件を取ってくるというメリットがある。だが、退所したクリエイターの多くが語っていたのは「20%に見合うメリットがない」という理由だった。

自身はUUUMに5~6年所属し、「クリエイターさんたちの中で上の方にいる」「UUUMしか知らない」というはじめしゃちょーは、不自由を感じたことはないという。ただ、これまではただペコペコしていたわけでなく、「結構思ったことはちゃんと言っている」と話す。

「なので、マネージャーさんとか結構僕変わっているんですよ、実は。いろいろあったりして、それを言った結果変えてもらったりして」

と明かし、事務所と相互理解を深めながらクリエイター活動をしてきたという。その上で「僕は特に、辞めようとは思っていません」と明言した。
〈一部抜粋〉



続きを読む