【悲報】千眼美子さん、衝撃発言してしまう…






1: 名無しのがるび 2020/06/04(Thu) 16:42:48

ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a193bc45301e96050cb49bf410957a41977f454

宗教家で女優の千眼美子(25)が4日、東京・渋谷区のヒューマントラストシネマ渋谷で行われた主演映画「心霊喫茶『エクストラ』の秘密―The Real Exocist―」(公開中)舞台あいさつに登場した。

 緊急事態宣言が解除され、映画館も徐々に営業再開している中、同作が日本で一番早い映画イベントを行った。

 劇場はソーシャルディスタンスを保つために、1席ずつ間隔をあけて、着席するスタイルが取られた。

 千眼は「(客席は)半分ですが、みなさんの元気な顔が見えます!」と作品が劇場で公開できた喜びを語る。

 共演の伊良子未來(23)は「舞台挨拶ができることに感謝です」と頭を下げると、大浦龍宇一(51)は「(ソーシャルディスタンスを保った)こういうふうな新しいスタイルにドキドキしています」と話した。

 千眼は作中ではウエートレスでありながら、エクソシストとして悪霊と戦うサユリ役を演じた。

「私も25歳の女の子でありながら、私も出家して、宗教家として修業している身でもある。それなので(2つの世界を)行ったり来たりする感覚は一緒ですね」と演じた感想を語る。

 本紙のインタビューでは撮影に際して、体づくりとして「ロッキーのテーマ」をかけて、自分を奮い立たせていることを明かしていたが、舞台あいさつでも「メンタルを鍛えてないと、役柄に持っていかれる感じがあるので、腹筋、背筋、筋トレを欠かさずやってました。ロッキーのテーマをかけてました」と笑った。

 司会者からタイトルに掛けて「あなたの秘密を教えてください」と問われると、千眼は「模範解答になっちゃうかな。一瞬、『えっ!』と思うことですけど」と前振りすると「千眼はいま恋をしてま~す!」と衝撃発言。でも、すぐに「神様ですけど!」と肩透かし。会場をずっこけさせた。



続きを読む