綾野剛&星野源、新ドラマでダブル主演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






1: 名無しのがるび 2020/02/13(Thu) 10:45:06

綾野剛と星野源が、4月からスタートするTBS系金曜ドラマ『MIU404』(読み:ミュウ ヨンマルヨン)でW主演を務めることがわかった。

綾野と星野の共演は、2017年10月期放送の『コウノドリ』以来、2年半ぶり。『コウノドリ』では正反対な性格ながら、心から信頼し合う
産婦人科医役をしっとりと優しく演じたふたり。本作では一転、破天荒な“機捜バディ”としてガチンコバトルを繰り広げる。また、ふたりが 

車内で繰り広げる軽快な会話劇も大きなみどころのひとつだ。

脚本を担当するのは『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)、『アンナチュラル』(2018年)などを手がけ、数々の賞を受賞している野木亜紀子。
プロデュースは『アンナチュラル』『中学聖日記』(2018年)、『わたし、定時で帰ります。』(2019年)など数々の話題作を手がけている
新井順子、監督は『アンナチュラル』『中学聖日記』、そして昨年大きな話題を集めた『グランメゾン東京』(2019年)を担当した
塚原あゆ子が務める。野木、新井、塚原は『アンナチュラル』以来の再タッグとなる。

今ノリに乗っているスタッフとキャストが繰り広げる、ノンストップ“機捜”エンターテインメント『MIU404』、必見だ。

■あらすじ
警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の
隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、
候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。
伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、
かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「2度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。
そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが……。

■綾野剛 コメント
皆様お待たせしました。
日本一のテレビドラマCrewが集結しました。脚本は野木亜紀子さんの完全オリジナル作品です。新井プロデューサー、塚原監督、各部署スタッフ、各キャスト、そして源ちゃんと共にブレーキなしのトップギアでお届けします。乞うご期待! やばいよ、攻めてますよ、ワクワクが止まらないぜ!

■星野源 コメント
企画書をいただいて脚本を読んだとき、監督の塚原さん、脚本の野木さん、プロデューサーの新井さんという、このチームにしか作ることができない今までにない刑事ドラマになると思いました。僕が演じる志摩一未は、刑事としてとても優秀なのに他人や正義というものをまったく信じていない。野木さんと打ち合わせしたとき、「いい人じゃない星野源が見たい!」と言われ、自分もそう思っていたのですごくうれしくて。今までにない自分を出せそうで、ワクワクしています。そして剛くんとの共演は、『コウノドリ』で培ったものをまた別の形で表現できそうだと感じ、うれしく思います。人間ドラマであり、コミカルなドラマであり、サスペンス溢れる機捜エンターテインメント。ぜひ楽しんでください。


ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000000-mnet-musi



続きを読む