新海誠の新作にRAD野田「すごく攻めている。この物語はきっと賛否を巻き起こすという展開が見えた」

1: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 15:03:02.71


RADWIMPS野田洋次郎、“最後”のような気持ちで臨んだ「天気の子」は「攻めている」

167db_1487_b014f98a1402152efc493e0fc7bfa6c9

「君の名は。」に続き、新海監督と再タッグを組んだ「RADWIMPS」。

野田は脚本について「新海さんらしいなと思いつつ、意外性もあったんです。
僕はわかりやすくマスに向けた物語を描かれるのかなと思っていたですが、すごく攻めている。
この物語はきっと賛否を巻き起こすという展開が見えたし、だからこそ、新海監督のことがいっそう好きになったんです。自分のやりたいことに対して、物凄く正直な方。驚かされたし、嬉しかったです」

と思いの丈を述べた。

昨年のクリスマスシーズンには、主題歌を1曲増やすという決断を下し、三浦透子をボーカルに起用するなど
「君の名は。」との差別化を意識した野田。

「僕ら自身『この物語はどうなるんだろう』とハラハラしながらも、ゴールを見てみたくて。
毎日のように新海監督とメールをしていましたが、そのプロセスは、ただライブや音楽を作っているだけではたどり着けない境地。

最初の頃に『今回は“最後”のような気持ちでやります』と伝えました。そうじゃなければ乗り切れる気がしなかったんです」と語っていた。

ソース
RADWIMPS野田洋次郎、“最後”のような気持ちで臨んだ「天気の子」は「攻めている」 

2: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 15:03:13.62

“聖地化”の可能性を秘めたロケーションについて質問が飛ぶと
新海監督は「実は(回答の)NG項目に入っていて…言えないんですよ」と苦笑い。

そう前置きしたうえで「ひとつ言えるのは、家出少年の帆高が東京を発見していく話でもあるんです。
架空の場所をミックスしながら、色んなロケーションがたくさん出てきます。
路地裏のような場所から観光スポットのようなところまで。それらの場所が(普段とは)違う輝きを放つような絵になっていればいいなと思っています」と答えていた。

3: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 15:03:23.73
あっ

4: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 15:03:32.45
察し

51: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 15:07:57.20
あっ…新海の悪い癖出ちゃったんだな

142: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 15:14:08.11

「新海監督らしい」
あっ…(察し)


続きを読む